御田村礼喜子の最大食分日記

葉酸を摂らないことは赤ちゃんに影響がある?

もし、妊娠した時に葉酸を意識して摂取しなかった場合、赤ちゃんの健康に影響はあるかもしれません。葉酸は普通にごはんを食べていてもある程度摂ることが可能ですが、妊娠初期には特に赤ちゃんの脳や神経の形成にとても、重要な働きかけをしてくれる成分です。したがって、妊娠中に良質なサプリメントなどで葉酸を十分に補うことが大切になってくるわけですね。私は現在、病院に通って、不妊治療を続けている最中です。でも、それがものすごくストレスになってます。こうまでしないと、子供ができない事が私とってはかなりのストレスなんです。できるなら、全部投げ出したいぐらいです。でも、それができない事が、ストレスの倍増になっているように感じます。現在、妊活中です。お腹に子供を宿すために様々な努力をしています。葉酸がいいらしいと聞いたので、葉酸サプリも愛用しているのです。でも、それだけじゃなく、毎日早朝に起きて、ウォーキングも頑張っています。妊活には運動をするのも大事だといわれますし、一緒にウォーキングをしていくことがコミュニケーションになっているんじゃないかなと思います。産婦人科では妊娠の初期段階で摂取することを特に勧められる葉酸という水溶性のビタミン B 複合体ですが、妊娠初期段階は大事の細胞分裂が盛んにおこなわれる時期であるため、不可欠だと思われます。不十分だと赤ちゃんの脊椎がふたつに分かれてしまう二分脊椎など赤ちゃんの成長に多大な影響を与えてしまう可能性があります。1日に摂るべき量は、およそ400ug程度です。世間では妊婦が盛んに摂るよう推奨される葉酸ですが、熱により栄養素を失われてしまうので、料理をする場合には注意しなければなりません。特に調理の行程で長い時間加熱調理をしてしまうと、栄養素は50%が失われてしまいます。だから、熱を通す場合は短時間湯通しするなど加熱しすぎに注意することが重要です。葉酸は子供を授かる前から摂取して妊娠初期まで体に取り入れ続ける事が好ましいとされている栄養素です。赤ん坊の先天性奇形を予防する効果が認識されています。サプリメントから摂取する手段もありますが、ホウレン草や芽キャベツなどの野菜にも豊富に含まれている栄養分なので、子どもを授かった初期の段階では意識的に、体に取り入れたいものです。葉酸の選択方法は胎児への作用を考えるとできる限り添加物の少なめな物を選ぶことが大切でしょう。また、どのような過程を経て産出されているのか、残留放射能のチェックはされているのかなど製造過程にも気を配って選択しなければなりません。妊婦にとって不可欠な栄養素が葉酸なんです。これは赤ちゃんの脳や神経を生成するのに欠かせない栄養素だからです。葉酸は食べ物で言うと、ほうれん草などの食材にたくさん含まれています。日々の必要摂取量としてほうれん草一束を毎日食べきることが必要となります。しかしながら、これを続けるのは困難なので、食事とともにサプリメントを摂取する方が楽チンです。葉酸サプリの成分の比較!本当におすすめの葉酸サプリは?


Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*